« ああ、RD-X5が | トップページ | 助かった! »

2006年5月 4日 (木)

CANONに目が

最近になって、雑誌やWeb上のいろいろな方の意見を拝見していくうちに、自分にはCANONの方が向いているのかなと感じています。そうかといってEOS5Dは予算的にちょっと手を出す勇気が湧きません。そこで注目はEOS30Dです。これなら価格的な面から見てもNikonD200のライバル機種でしょう。

いろいろ情報を収集していくと、撮って即印刷なら30Dが上のようですね。D200はRAW現像、レタッチが前提条件のような気がします。凝りに凝ってRAW現像当たり前にすればいいのでしょうが、性格的に、写真に対してそこまでのめり込んだとしてもいつまで続くか心配です。それよりも撮って出しの絵が綺麗なほうを選択してしまいそうです。それとよく世間で言われている高感度におけるノイズですが、やはり少ないに越した事はありません。夜景および室内の写真にも興味があります。特に室内のスポーツを撮るとなったら、やはり高感度において有利なほうがいいのでは。レンズも5月の下旬に17-55mmの新しいレンズが出るようなので、それを狙おうかと思い出しています。それと70-200mmF4あたりなら金額的にも負担を軽くできそうですし。

しかし、悩むのはカメラそのものの質感でしょう。両機を触ってきた感触では圧倒的にD200が上でしょう。でもやはりカメラの命は画質かなと思います。

結局最後には価格的に負担の少ない方を選びそうです。

そろそろ購入時期が迫っています。しっかりと後悔のない選択をしないといけません。

|

« ああ、RD-X5が | トップページ | 助かった! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173807/9893256

この記事へのトラックバック一覧です: CANONに目が:

« ああ、RD-X5が | トップページ | 助かった! »