« EOS5Dの後継機種の噂 | トップページ | 娘のバスケット試合 »

2006年12月15日 (金)

バイアンプ変更(再掲)

昨日Blogを1週間ぶりにlivedoor Blogからまたココログに戻したので、この1週間のBlogがなくなってしまったのですが、その間にオーディオはバイアンプを変更しました。そこで再度報告を書きます。

今までGOLDMUNDのSRPowerを2台で左右のSPに1台ずつ使ったバイアンプ(モノ使いバイアンプ)にしていましたが、このたびまた中高域と低域で分ける普通のバイアンプに変更しました。

これに関しては過去にも何度か悩み変更を繰り返してきました。それで多くの皆さんのお薦めで左右に分けるほうで落着いていたのですが、どうもしっくり来ないで使っていました。たしかに音の広がりはあるし、スケールの大きな音楽といったイメージでした。ただ自分の性格として(多少神経質なのでしょうが)、同じアンプといえども個体差があるように思えてしかたがなかったのです。実際音がどうのこうのということはないのです。つまり精神的なものでしょう。以前にも書きましたように、現実に同じアンプといってもSP端子の素材が違ったり、電源ケーブルのソケットが上下反対向きについていたり、並べてみると若干ですが高さが違ったり(足の高さが違うようです)と、いろいろ異なった点があるのです。このあたりは同じメーカーの同じアンプでもLotが違うとあんなもんなんでしょうか。このあたりが海外製なのでしょうかね。

それともうひとつ、このGOLDMUNDのアンプを購入した「Otai Audio」の社長が「世間の人がなんと言おうと絶対バイアンプは上下で分けたほうがいい」と熱く語っていたのを今も良く覚えています。

実際上下で分けて音と聴くと、左右で分けていたとき以上に力強く感じます。たぶん中高域と低域を完全に分けることによって、互いの干渉を防ぎ音の鮮度感がぐんと上がるからでしょう。低音も引き締まり、中高域もみずみずしく綺麗な音に聴こえます。ある意味音の数が増えたような錯覚を覚えます。たしかに音の広がり感ではモノ使いには負けます。したがってクラッシックでもオーケストラなんかは向かないかもしれませんが、室内の少人数の編成ならこの方が綺麗に聴こえます。Jazzには向いているんじゃないでしょうか。

やはりこちらの方が好みに合っているような気がします。おそらく今度こそこれで落着くことでしょう。

これを期にSRPower2台をラックの上に出し、よく見える状態に設置しました。

Biamp_1

なかなかかっこいいです。この写真ではよく分かりませんが、真正面から見ると若干高さが違うんですよ。でも自分にとっては高級アンプです。もう二度とこのクラスのアンプは買えないかもしれません。大事に使っていきたいものですね。   

|

« EOS5Dの後継機種の噂 | トップページ | 娘のバスケット試合 »

Audio&Visual」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173807/13077166

この記事へのトラックバック一覧です: バイアンプ変更(再掲):

« EOS5Dの後継機種の噂 | トップページ | 娘のバスケット試合 »