« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月24日 (土)

D300発売!

ついにNikonD300が発売になりましたね。もうすでに手にした人がいっぱいいろいろレビューを書いてみえますね。羨ましい限りです。

今日ほかの用事でヤマダ電機へ行ってきました。そのときにちょっとデジタルカメラのコーナーを覗いてきました。するとどうでしょう、ちゃんとD300のデモ機が置いてあるじゃないですか。たしかD200発売当時は、私の住む田舎町ではどこの量販店へ行っても、自由に触れるようなデモ機は置いてありませんでした。今回のD300は在庫が豊富ということでしょうか。D300とD200とEOS40Dが並んで置いてありました。その場で同時に触り比べてしまうと40Dはどうしてもカメラの質感で見劣りします。そこでD300とD200の比較です。正直言って触った感触はD200のほうが僅かではあるが上質に感じたのは私だけでしょうか。グリップのラバーがD200のほうが少し目が粗い感じです。D300のほうが少しだけ肌理が細かくつるっとした感じに思えました。それにペンタ部分の形状が少し違うんですが、やっぱりD200のほうがカッコいいです。シャッター音も若干違いますね。これはどっちがいいというほど違いはありませんでした。どっちにしてもD300はかなりの高印象でした。ファインダーを覗いた感じも液晶もいい感じでした。

かなり気持はD300に傾いています。5Dの後継機が出てからと思っていましたが、待てそうにないかもしれません。どっちにしても今は資金的に無理です。年明けでないと駄目です。はたして5Dの後継機種って来春には出るのでしょうか。出ちゃったら出たでまた迷ってしまうんでしょうがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

久しぶりのCD

久しぶりにCDを買いました。

久しぶりにじっくりCDを聴きました。そこでまず第一に感じてしまったのが、やっぱりAVアンプで音楽は駄目って感じですね。先日お知らせしましたように、今SRプリが壊れてしまっています。しかたがなくAVアンプのプリアウトからSRパワーに繋いであるのですが、何かもったりした感じがぬぐえません。やはりピュアオーディオは専用のプリアンプじゃないと駄目ですね。スカッとした抜けのよい音になりません。早く修理に出さないといけません。でも予算がありません。しばらくは我慢ですね。今までたかがプリアンプと思ってたところがありましたが、今回の一件でプリの実力を思い知らされた感じです。やっぱりGOLDMUNDはいいですね。最近の機種はとても高価で手が出せませんがね。だから何が何でも修理しないといけません。

488_3

昔のEAGLESとまた違って味のあるCDに仕上がっています。じっくりと聴ける感じですね。                                 

                                            

                            

                                                                                

994_4

もう1枚は新生BackSTREETBOYSといった感じでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

D300か5D後継機種か

いよいよNikonのD300の発売日が迫ってきた今、現在のEOS30Dの買い替え機種の選定に真剣に頭を悩ませている毎日です。

つまりNikonD300にしてCanonからそっくりシステムをNikonへ乗り換えるのか、CanonのままでEOS5Dの後継機種を狙う、つまりフルサイズへのグレードアップを図るのか迷うところであります。

おそらく追い金としては大きな違いはないでしょう。

現在の所有システムはボディがEOS30D、レンズはEF-S17-55mmF2.8ISUSM、EF70-200mmF2.8LISUSMです。以前ショップにて見積りを出してもらったときの価格ですと、たしか合計で20万くらいになったはずです。ただ40Dが発売された今となってはボディはもう少し安いでしょうから、何とか18万くらいにはならないかなあと思っています。そこでD300の18-200mmのレンズキットが32万くらいの予想価格です。それに70-200mmF2.8が20万ちょっとだとして、追い金は35万くらいでできないかなあと目論んでいます。これがもし5Dの後継機となると、それがいくらくらいかが問題です。現5Dの発売当時と同じとしたら30万台後半になってしまいます。それにEF24-105mmF4Lをつけると、その場合はEF70-200mmF2.8LISUSMを売らないから、やはり追い金は同じくらいになるでしょう。

ここで問題になってくるのは、以前からのNikonという響きに対する憧れのようなものと、フルサイズというものに対するやはり憧れのどちらを優先するかですね。フルサイズは確かに魅力はあるのですが、APS-Cの望遠の有利性も見逃せません。

現在、体育館でのバスケットボールの撮影が一番のメインです。娘がバスケットボールを続ける限り撮り続けるでしょう。今中学2年ですからたぶんあと4年は撮り続けるでしょう。体育館でのバスケットボールだと、暗いので高感度画質が問題となります。また、遠いので望遠も必要です。そうなると高感度に強いということで、フルサイズの5Dに軍配が上がりそうですが、フルサイズに200mmではちょっと望遠が足りません。となるとAPS-Cの望遠有利さが勝ちD300有利となります。

とにかくまずはD300が発売になり評判を聞いてみたいのと、5D後継機種がいつ頃発売になるかですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »