2007年11月16日 (金)

久しぶりのCD

久しぶりにCDを買いました。

久しぶりにじっくりCDを聴きました。そこでまず第一に感じてしまったのが、やっぱりAVアンプで音楽は駄目って感じですね。先日お知らせしましたように、今SRプリが壊れてしまっています。しかたがなくAVアンプのプリアウトからSRパワーに繋いであるのですが、何かもったりした感じがぬぐえません。やはりピュアオーディオは専用のプリアンプじゃないと駄目ですね。スカッとした抜けのよい音になりません。早く修理に出さないといけません。でも予算がありません。しばらくは我慢ですね。今までたかがプリアンプと思ってたところがありましたが、今回の一件でプリの実力を思い知らされた感じです。やっぱりGOLDMUNDはいいですね。最近の機種はとても高価で手が出せませんがね。だから何が何でも修理しないといけません。

488_3

昔のEAGLESとまた違って味のあるCDに仕上がっています。じっくりと聴ける感じですね。                                 

                                            

                            

                                                                                

994_4

もう1枚は新生BackSTREETBOYSといった感じでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

久しぶりのソフト

Img_0529_1  久しぶりにクラッシックのソフト(SACD)を買いました。

買ってからなかなか聴く時間がなかったのですが、やっと昨日から今日にかけて聴くことができました。

今回は今まで買ってきたクラッシックとはちょっと違うものばかりです。

交響曲第7番 カルロス・クライバー&バイエルン国立管(1982)

これは何も分からなかったのですが、ただHMVのクラッシックのSACDでベストセラー第一位になってたから買ってみました。するとライブ盤じゃないですか。ライブ盤はあまり好きではありません。まわりの音が気になってしまうのです。ただ演奏そのものはなかなかよかったです。しかしあくまでライブの音質ですから、やはり好みでないといってしまえばそれまでですが。

無伴奏チェロ組曲全曲 鈴木秀美(2004)

これはチェロだけで構成されたアルバムです。なかなか味があってよかったです。

チェロの音が生々しく鳴り響き、録音の優秀さを感じさせてくれます。これぞSACDならではのソフトっていった感じですね。気持ちを落着かせてくれるような、音楽の深みというかゆとりのようなものを感じさせてくれる作品でした。

レクィエム アーノンクール&CMW

これぞあの有名なモツレクことモーツァルトの「レクイエム」です。

声楽の入ったものを買ったのは初めてです。なんか懐かしく落着く感じでした。それもそのはず、私は何を隠そう大学時代コーラス部に所属しておりました。そのとき、少し歌ったことがある曲を耳にしたからかもしれません。

でも「レクイエム」にしては何となく軽い感じがしたのですが、これはアーノンクールならではなんでしょうか。もう少し他の「レクイエム」も聴いてみたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)